脱毛前後の日焼け

脱毛の前後の日焼けは様々なトラブルを引き起こします。日焼けや脱毛を行うと肌がダメージを受けている状態になりますので、日焼けと脱毛を両方行うことは肌に良くありません。これらのことを同時に行うと、「肌トラブル」、「脱毛効果の減少」、「施術時の痛みの増加」につながります。

 

肌トラブル

日焼けがしている場合既に肌がダメージを受けた状態ですので、こういう状態で脱毛を行うと、さらに肌がダメージを受けシミなどのトラブルの原因になります。脱毛を行った後に日焼けをする行為も同様のトラブルの原因になります。

 

脱毛効果の減少

脱毛サロンで行われている光脱毛ではレーザーが黒い肌に分散してしまうため、脱毛効果が落ちます。

 

施術時の痛みの増加

光脱毛では黒い色素にレーザーが照射されるので、肌が黒くなっていると普段より多くのレーザーが肌に照射され痛みを多く感じます。

 

夏場などに肌を出す機会がある場合には事前にお店に相談し、スケジュールを決めておくと肌トラブルを避けることができます。